口腔外科

親知らずの抜歯

親知らずは骨の中に埋もれていることがあり、非常に狭く暗い部位を処置することになります。その際、活躍するのがマイクロスコープです。これを使うことで拡大できるだけでなく、患部を明るい状態で正確に把握することが可能になります。特に歯と骨は似たような色をしていて境目がわかりにくいため、きちんと見える状態を作った上で処置することが大切です。

歯の移植

歯を失った時、通常は「入れ歯」「インプラント」「ブリッジ」のいずれかの方法で治療をすることになりますが、当院では「歯の移植」も行っています。これは、親知らずを抜いて、歯を失ったところへ固定する治療方法で、人工物を一切使わずに自分の歯を取り戻せるというメリットがあります。ただし、親知らずが残っている、奥歯のみ適用できるなど、いくつか条件はございます。

その他の口腔外科治療

お口の中に出来物が見られる、顎関節かもしれない、歯の根っこに膿ができたなど、何か気になることがございましたら、お気軽にご相談ください。初期診断を行い、必要があれば専門的な治療を行っている大学病院などをご紹介させていただきます。

お問い合わせ

  • 03-5350-6830
  • ネット予約はこちら