小児歯科

お子さんの気持ちを尊重した治療

嫌がっている子どもを無理に押さえつけて治療すると、「歯医者さんは怖いことをされるところ」というトラウマが残ってしまい、大人になっても歯科医院に通わなくなってしまうことがあります。そのため当院では、まずは院内の雰囲気や道具に慣れてもらうところからスタートし、場合によってはその日は治療せず終えることもあります。

※ただし、その日のうちにどうしても治療して欲しいとご希望される親御さんもいらっしゃいますので、よく話し合った上で柔軟に対応させていただきます。

虫歯がなくても歯医者さんに通う習慣を

大人と同様、子どもも歯の予防を続けることが重要です。虫歯になると痛い思いをするのはお子さんですので、そうならないよう予防の取り組みを続けていくようにしましょう。目安としては、3歳頃には一度検診にお越しください。また、その後は少なくとも1年に1度は歯医者さんで歯のチェックをするようにしましょう。予防で通っておけば、もし治療が必要になった場合でも、歯医者さんに慣れているためスムーズに治療を進めていくことができるというメリットもあります。

検診・クリーニング・フッ素塗布

歯の検診にお越しいただいた際は、虫歯があるかどうかをチェックするだけでなく、専用の機器を使ってお口の中をきれいにお掃除します。また、歯を丈夫にするフッ素も塗布しますので、お気軽にお越しいただければと思います。

小さい子どもをお持ちのお母さん・お父さんへ

どういった時に歯医者さんに行けばいいのかわからないとご相談いただくことがありますが、基本的には少しでも気になることがありましたら、早めにご来院ください。初期であれば治療回数も費用も少なくて済み、お子さん本人の負担も軽減されます。また、成長に伴い乳歯が抜けた時も、その両隣の歯がよく見えるためぜひご来院ください。

お問い合わせ

  • 03-5350-6830
  • ネット予約はこちら